消費者金融審査は甘い?

ローン 消費者金融機関を取り巻く環境はこの最近非常に厳しくなってきています。この事が消費者金融の多様なサービスを提供する引き金になっている事は間違いないでしょう。そのサービスの中に申し込み時の審査を柔軟にするというものがありますが、この審査が甘いといわれる由縁はどこにあるのでしょうか。またその具体的な要素とは一体何なのでしょうか。今回はこの消費者金融の審査の甘さとは一体何なのかというテーマについて紹介していきましょう。
まず消費者金融機関の置かれている状況から説明します。消費者金融を対象にする法的規制が非常に大きな消費者金融機関の経営課題に直結しています。それは総量規制の存在です。これが原因となって利用者に対する貸出残高が伸びない大きな原因となっています。更に利息の制限が生まれている為にその部分でも利益を上げる事が難しくなっています。そこに信販系金融機関の参入もあり、消費者金融を取り巻く環境は非常に厳しいものがあるのです。
そこで利用客のシェアを大きく伸ばす必要がある訳ですが、その為に金利競争を行っても絶対に消費者金融に勝ち目はありません。何故なら消費者金融自体がその銀行からの融資でサービス提供をしているからなのです。では銀行が劣勢にあるサービスは何か。それは審査の厳しさとサービスのスピードがあります。しかしながら審査の厳しさを柔軟にするというサービスはリスクが伴う事も事実です。そこで消費者金融はぎりぎりの判断をし、資金回収リスクが高くなる手前で融資判断をするという手法を生み出しました。これには過去の利用者の利用実績による莫大なデータが大きく貢献している訳です。
これにより消費者金融機関は独自の審査基準で金融サービスを実施している訳です。この審査は大きな査定基準があり、その査定基準をクリアする事が審査に通る為の絶対条件になっているのです。それはまず、利用者の就業属性にこだわらない定期的で安定した収入がある事です。勤続年数にもこだわらず、純粋に収入が継続しているかどうかという現実的な判断で審査を決めている事に特徴があります。また融資金額は概ね50万円以下の小口に絞った金額にするという事です。
この事で資金回収リスクを下げ、回収よりも、毎月の返済をいかに伸ばし、その金利収益で利益を上げていくかという事です。要するに売り上げが上がらない中でいかに利益を増やすかという事に舵を切っている訳です。これは融資を受ける銀行の金利が低くなっている事も大きな理由の一つでしょう。

無担保のフリーローンでも

ローン会社によって金利設定は大きく異なってきます。この金利による利息金額というのは、利用期間が長ければ長いほど、そして借り入れ金額が高額であればあるほど、利息金額が上昇し返済が圧迫されてきます。長期間かつ高額の利用を検討している人にとっては、ローン会社の中でも少しでも金利設定の低めのローン会社を選ぶ事が必要不可欠です。

http://クレジットカード現金化はこちら.biz/
クレジット現金化やクレジットカード現金化はお任せ下さい。

このページの先頭へ